【梅雨の時期の挨拶文】基本的な書き方と失敗しないビジネス文書8選

梅雨
スポンサードリンク

時候の挨拶は日本独特の文化ですよね。

 

ビジネス文書では特によく用いられています。

 

ビジネスマナーとして知っておいた方が大変有利です。

 

時候の挨拶を全く無視して文書を送ってしまうと、

 

デキない、

 

無神経、

 

非常識といったネガティブな印象を持たれる可能性があります。

 

厳しい見方をする人もいるので気を付けましょう。

 

会社で季節の挨拶状を書くことになった時、

 

慣れていなければ少し戸惑いますよね。

 

でも知っておくと株が上がります!

 

ビジネスパーソンなら、

 

季節に合った挨拶文をスラスラ書けるようにしておくことで、

 

デキる人のイメージが定着するでしょう。

 

それでは梅雨の時期の挨拶文を書く時に、

 

どのような文章であればスマートでしょうか?

 

ここでは、

 

梅雨の時期の失敗しないビジネス文書の書き方を、

 

8つご紹介します。

スポンサードリンク

知っておくと株が上がる!?梅雨時期の上手な挨拶文の書き方8選

梅雨の時期の挨拶文として、

 

読んだ人が「お!」と思うような素敵な文章を、

 

8つご紹介します。

 

ぜひビジネスシーンに取り入れてみてくださいね!

 

【梅雨時期の挨拶文の上手な書き出し】

 

・梅雨入りも間近な様子です。

 

・今年もまた梅雨の季節がやってまいりました。

 

・ぐずついたお天気の日が続いております。

 

・入梅を間近にひかえ落ち着かないお天気が続いています。

 

・入梅を控えて不安定な空模様が続いております。

 

・梅雨明けがひたすら待たれる頃、

 

お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

・今年もまた、

 

梅雨入り宣言が気にかかる頃となりました。

 

・いよいよ梅雨に入りますが、

 

ご機嫌の程はいかがでしょうか。

 

上記を挨拶文の最初にもってくるとスムーズでしょう。

スポンサードリンク

梅雨の時期の挨拶文で注意するのは?特に気を付けるべきポイント2選

梅雨の時期の挨拶文は、

 

自分でオリジナルの表現を作ってもいいですが、

 

苦手であれば雛形を使ってもいいですよね。

 

ネットにはいろいろな挨拶文の例が出ています。

 

状況に合ったものを選べば、

 

後は貼り付けてビジネス文書に仕上げればいいだけ!

 

ネットから引用すればとても簡単ですが、

 

時候の挨拶をいざ書く時には注意点もあります。

 

ウッカリしていると、

 

挨拶文を読んだ相手が不愉快になることもあるので、

 

気をつけましょうね。

 

失礼な挨拶文にならないように、

 

以下の2つの注意事項を守って挨拶文を書きましょう。

 

1.挨拶文を受け取る相手の居住地の気候と一致させる

 

挨拶文を送る相手と同じ地域に住んでいれば、

 

この注意点はあまり関係ありません。

 

ですが、

 

もしも相手が自分と離れた地域に住んでいる相手に出す場合、

 

注意が必要です。

 

相手の居住地の気候に合わせて書かなければなりません。

 

離れた地域にいても特に自分の地域と変わらない気候で、

 

梅雨の時期も一致していれば問題ないでしょう。

 

しかし地域によっては気候が違いますよね。

 

相手の気候を考えた上で挨拶文を考えましょう。

 

自分の地域は梅雨でも、

 

相手が住んでいる地域は梅雨に入っていないかもしれません。

 

自分の地域を基準に考えるのではなく、

 

相手の住んでいる地域の気候も考慮しましょう。

 

もし何も気にせず不一致な挨拶文を送ってしまうと、

 

時候の挨拶と実際の気候がちぐはぐになります。

 

無神経な印象をもたれるリスクがあるため、

 

相手のいる地域の気候にも配慮しましょうね。

 

2.結びの言葉を入れる

 

文章の最後には結びの言葉を入れます。

 

これも決まり文句があるため、

 

ネットから引用すれば簡単に書けるでしょう。

 

ビジネス文書で結びの挨拶としてよく用いられるのは、

 

ビジネスの繁栄や活躍を祈る気持ちを表す内容です。

 

【例】

 

・ご活躍を祈ります。

 

・末筆ながらますますのご健勝とご多幸をお祈り申しあげます。

 

・気候不順の折りますますご自愛くださいますよう念じあげます。

 

もし結びの言葉がなければ、

 

ビジネス文書として不完全です。

 

締めの言葉がなく、

 

なんだかやる気のない印象になってしまうでしょう。

 

マナーとして結びの言葉を入れましょうね!

 

上記を参考に、

 

ぜひスマートで気持ちの良い挨拶文を送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました