日本茶インストラクター協会ってどんなところ?資格取得に必要なものは?

料理
スポンサードリンク

日本茶はおいしいですよね。

 

日本茶に親しんでいる人はきっと多いかと思います。

 

私も大好きです。

 

しかし、中には日本茶を「好き」だけで終わらせたくない方もいるはず。

 

インストラクターの資格を取りたい、日本茶についてもっと深く学んでみたい!と考える方も多いでしょう。

 

日本茶のインストラクターの資格を取得するなら、NPO法人日本茶インストラクター協会の検定を受けるといそうですが…。

 

また、一口に日本茶といっても種類は豊富です。

 

季節や種類によっても味の特徴も変わってくるのですよ。

 

もっと詳しくみていきましょう!

スポンサードリンク

【日本茶】美味しい飲み方と種類はどのくらいある?おすすめの銘柄トップ3

 

日本茶には数多くの種類があります。

 

大きく分けると次のようになります。

 

・煎茶

・玉露

・抹茶

・玄米茶

・玉緑茶

・茎茶

 

ちなみに私がこの中でよく飲む種類は、煎茶や玄米茶です。

 

煎った香ばしさがたまらないんですよね~。

 

抹茶も好きですが、甘味を加えずに原液を飲んでしまい、胃をおかしくしたことがあります…。

 

 

日本で生産されるお茶のほとんどが緑茶です。

 

これがインドやスリランカになると、紅茶の生産の方がグンと上がります。

 

また、日本茶の中でもよく飲まれる種類はやはり煎茶です。

 

割合的には、以下のようになりますよ。

・1位:煎茶

・2位:玉露

・3位:玉緑茶

・4位:番茶

 

(参照:http://www.ocha.tv/varieties/nihoncha_varieties/)

 

 

【おすすめの銘柄トップ3】

 

日本茶の中でも、ブランドごとに特徴があります。

 

一般的には、高級ブランドになればなる程香りや味がおいしく、値段も張ります。

 

ここでは、日本茶の中でもおいしいと評判の、「おすすめの銘柄ベスト3」をご紹介します。

 

【3位:八女茶】

 

福岡県のお茶です。

 

お茶の高級品でもある玉露の産地としても有名な地域です。

 

まろやかでコクがたっぷり!

 

うま味が強くて、「あ~日本人でよかった~!」と実感しちゃいます。

 

【2位:宇治茶】

 

宇治茶を飲んだことなくても、「宇治」という地名は聞いたことあるのでは?

 

宇治は京都府の南部に位置するお茶の産地です。

 

宇治茶もブランドとして知名度が高く、贈答品のお茶として贈るのもおすすめですよ。

 

日本茶の中でも立派できちんとしているから、贈り物にグー!

 

山吹色の綺麗な色みも特徴です。

 

コクがあり、ほんのりお茶の甘みも感じるんです。

 

【1位:静岡茶】

 

私も何だかんだで静岡茶が一番好きです。

 

普通の日本茶に舌が慣れていると、たまに静岡茶を飲んだ時ビックリします!

 

あまりにも普通のお茶より数倍おいしいので。

 

ゴクゴク飲めてしまうくらい渋さがスッキリしていて飲みやすい。

 

お茶ならではの香ばしい香りもすごいです。

 

温めてもおいしいけど、冷やしても味や香りが残ったままで、とても幸せな気分で飲めます♪

 

静岡茶の特徴は、とにかく「濃厚」なんです。

 

だから印象深い味なんですね。

 

でも苦みが強いわけでなく、渋みももちろんあるのですが甘みも濃いんです。

 

濃厚でも「苦い!」とはならないし、後味も爽やかです。

 

ほかのお茶と大きな差を感じる素晴らしい銘柄です。

 

<日本茶の美味しい飲み方>

 

日本茶の美味しい飲み方は、そのお茶の種類によってもポイントは違ってきます。

 

ここでは、一番ポピュラーな煎茶にスポットを当て、美味しい飲み方のコツをご紹介しますね。

 

・高級な煎茶になるほど茶葉を多めに入れる

・急須から湯呑に注ぐ時は、一気に一つずつ注ぐのではなく、均等に分けながら注いでいく

 

 

茶葉を急須に大さじ1杯分入れる

70度くらいのお湯を急須にすすぎ、約1分半待つ

急須から人数分の湯呑みに均等ずつ注ぎ分けていく

スポンサードリンク

地域によって変わる?日本茶の美味しい季節と種類を知ろう!

日本茶にも旬の時期があるのです。

 

また、種類によっても旬の時期は変わってきますよ。

 

・4月~5月→新茶

 

その年に初めてとれた新芽を使って作るお茶です。

 

爽やかな甘味があります。

 

・6月~7月→二番茶

 

ちょうど初夏にあたるこの時期は、「二番茶」がおいしい季節です。

 

・8月~9月→三番茶

 

真夏~残暑にかけてとれた茶葉を使っている場合は、三番茶です。

 

・9月~10月→四番茶

 

一年のうち一番最後に摘まれた茶葉で作った日本茶です。

 

夏の日差しを乗り越え、カテキン(風邪予防)やカフェイン(脳を活性化)が豊富に入っている栄養抜群の茶葉でもあります。

 

さっぱりした味で、渋みもほんのり楽しめるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました