衣替えと一緒にやっておきたい衣類のお手入れと収納のコツ!

季節
スポンサードリンク

いつも不要な衣類を押し込むような衣替えをしているけれど、次の季節に後悔しないようにきちんとお手入れして収納しておきたいですよね。

 

ここでは、衣替えの時にしておきたい衣類のお手入れと、収納のコツについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

衣替えの前にチェックしておきたい衣類の汚れと傷み!お手入れの方法は?

せっかく衣替えしても、汚れや傷みのある衣類をそのまま身につけていたらみっともないです…。

 

季節が変わるまでクローゼットに放置していた衣類は、衣替えのタイミングで、何か問題がないか確かめておきましょう。

 

もし問題があれば、お手入れをするまでは外に着ていくのは控えましょうね。

 

衣替えの前には、以下のチェックポイントにも注意してみてください。

 

・シミや黄ばみはないか

・ボタンはとれていないか

・ポケットの中にものは入っていないか←入ったままだと型崩れを起こしやすいです…

・毛玉はついていないか

 

衣類は一度でも着ると、見た目にはわからなくても汗や皮脂の汚れがつきます。

 

そのままにしていると、黄ばみや虫食いができやすいため、こまめに洗濯しましょう。

 

ただし、素材が繊細でデリケートな衣類は自宅での洗濯に適していない場合があります。

 

こういう時はクリーニングを利用しましょう。

 

とはいうものの、衣替えの時期に一気にクリーニングに出すのは大変なので、季節の変わり目前から少しずつクリーニングを利用しましょうね。

 

<お気に入りの衣類のお手入れ方法>

 

冬はコートをよく着ますが、春に近づいてくるとそろそろ衣替えですよね。

 

数えるくらいしかコートを着ていなかったとしても、目に見えない汚れが付着しているため、衣替えの機会にお手入れ必要です。

 

そのまま収納してしまうと、次の冬までにダメになってしまうこともあります…。

 

春になって冬物コートをしまう前に、正しいお手入れをしましょう!

 

まず洗濯表示を確認しましょう。

 

例えば、ウールのコートはほとんど水洗いができません。

 

どんなに慎重に手洗いしても、ウールは水洗いによって縮むことや、色合いが変わることがあるからです。

 

慎重にお手入れするならクリーニングに出した方がいいでしょう。

 

どうしても家でお手入れしたいという場合も、できなくはないですが自己責任です。

家で洗濯できる場合は、必ずネットに入れましょう。

 

おしゃれ着洗い用の潜在で、手洗いコースで洗うといいですよ。

 

もし手洗いコースがない場合は、直接手で洗います。

洗浄が終わったら軽く脱水します。

干しましょう。

干したら終わりではありません!

 

その後アイロンがけするまでが一連の流れです。

 

正しくお手入れするには、アイロンの工程も省けません。

 

ちなみにウールにアイロンをかける時は気を遣います。

 

ウールには直接アイロンをあてないようにし、スチームから出る蒸気をあてるようにします。

 

ウールは高温に弱い性質があるため、熱さは低~中がいいでしょう。

スポンサードリンク

衣替えのコツ!取り出しやすい収納方法で次の衣替えをラクに!

春めいてくるとうれしいですが、冬服から春物に衣替えする季節。

 

取り出しにくい収納方法だと、衣替えが厄介になってしまいます…。

 

ここで、収納がスッキリして取り出しやすくなるコツをご紹介します。

 

・季節ごとにポリプロピレンの収納ケースに収納する

 

季節関係なくゴチャゴチャに衣類を収納していると、衣替えの時に面倒です。

 

できれば季節ごとに、ポリプロピレンの収納ケースに衣類をまとめておきましょう。

 

取り出す時もスムーズです。

 

・収納ケースの中でも紙袋ごとに小分けしておく

 

収納ケースに衣類を入れるといっても、ぐちゃぐちゃに衣類を入れていたのでは取り出しにくいです。

 

そこで、収納ケースの中でも小分けするといいですよ。

 

靴下や帽子、ハンカチといった小さなものは、紙袋を活用して収納しましょう。

 

2種類の紙袋を使って収納ケースの中で区切れば、混ざってゴチャゴチャになることは

ないですよね!

 

<処分できる服は前もって処分しておく>

 

そもそも、一年以上着ていない衣類があれば、衣替えどうこうの前に処分しましょう。

 

一年以上袖を通さなかった衣類は、来年以降も着る可能性は低いです。

 

一年を基準として、処分するか残しておくかバッサバッサときっていきましょうね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました