結婚顔合わせの服装でNGなものとは?しっかり失敗を避けよう!

未分類
スポンサードリンク

人生で緊張する場面のひとつ…

 

それは結婚の顔合わせです。

 

初めてのことばかりで不安もあると思います。

 

第一印象は大事なので、

服装やマナーは気を付けたいところですよね。

 

ですが、気合いを入れすぎて、

失敗してしまった…なんて話もよく聞きます。

 

そこで!今回はそんな失敗をしないための

服装やマナーなどをご紹介したいと思います。

結婚の顔合わせで服装マナーBGな点をまとめてみた!

女性の場合、派手な柄や丈の短いスカート

 

胸元が開いている露出の高いものも

悪い印象を与えてしまうので避けましょう。

 

お祝いの席なので、黒色を避けた淡い色の無地、

 

スカート丈がひざ丈~ひざ下の

きれいめなワンピースが向いています。

 

生地が薄めのものを着る場合は、

下着などが透けないかも確認しましょう。

 

あとは、アクセサリーも気を付けたいところです。

 

カジュアルすぎるものや派手なものは避け、

小ぶりなピアスやイヤリング、

 

小粒のビジューがあしらわれているネックレスのように

華奢なアクセサリーがオススメです。

 

そのほかに注意する点としては、

香水が苦手な方も多いので、

できるだけ控えるようにしましょう。

 

男性の場合は、フォーマルなスーツが一般的です。

 

カラーはネイビー、ブラックなど

無地やシンプルなものが向いています。

 

シンプルなだけに

気を付けないといけない点は

意外とあります。

 

ネクタイをはじめ、シャツ、靴下、靴など。

 

スーツやシャツにシワや汚れがないか、

靴は汚れていないかなど、

出かける前にはしっかりチェックしましょう。

 

顔合わせの場所によっては、靴を脱ぐ場合もあるので

 

靴下に穴が開いていないかのチェックもしっかりしましょう。

結婚の時の顔合わせの会場に合わせたファッションも大切

『TPO』という言葉があるように

 

顔合わせをする

会場の雰囲気に合わせた服装にするのがいいでしょう。

 

なので、会場を決めてから服装を選ぶのがオススメです。

 

メイクも同じく、会場の雰囲気に合わせましょう。

 

女性の場合は、すっぴんNGです。

 

逆に気合いを入れすぎて、

濃いバッチリメイクもNGです。

 

相手のご両親に悪い印象を与えないように

 

ナチュラルメイクよりも

気持ち薄めにするのがいいでしょう。

 

男性の場合は、

ひげをきれいに剃りましょう。

 

ひげがあると、清潔感がないように見えてしまい、

悪い印象を与えてしまうこともあるので、

剃ることをオススメします。

まとめ

顔合わせの時の服装やマナーについて、

ご紹介してきましたが

 

絶対にこれ!

というものはありません。

 

清潔感や上品さなどを意識し、

相手のご両親に好印象をもってもらえるような

服装やメイクを心がけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました