コーヒー豆の保存方法!美味しさを損なわないコツを教えます!

コーヒー
スポンサーリンク
スポンサードリンク

みなさん、コーヒー豆の保存って、どうしていますか?

 

コーヒー豆を保存しておくのは、なんだか難しく感じませんか?

一度開けたものをそのまま放置してしまい、

豆が劣化してしまい飲めなくなってしまったという経験を

したことがある方も多いと思います。

 

今回は、コーヒー豆の保存方法についてご紹介していきます。

コーヒー豆の長期保存は可能?!香りと味をキープするには?

コーヒー豆は、豆が酸素に触れることで劣化してしまい、

香りや味が落ちてしまいます。

 

長期間保存したい場合は、コーヒー豆を数日分ずつに小分けにして

密封できる袋に入れて、冷蔵庫に入れることがおすすめです。

 

コーヒー豆の香りと味をキープするためには、

まず、たくさんストックしすぎないことが大切です。

 

挽いた状態のコーヒー豆なら、1週間前後で

豆のままの状態なら2週間といったところでしょうか。

 

基本的には、常温での保存をお勧めしています。

不十分な密封で冷蔵庫に入れると、冷蔵庫内の匂いを吸収してしまいます。

 

よほど、長期間保存する必要がなければ

できるだけ常温で保存するように心がけましょう。

コーヒー豆の販売店に聞きました!プロ実践している保存方法は?

プロの方が、コーヒー豆を保存する上で気をつけているポイント

 

  • 温度
  • 湿度
  • 直射日光
  • 酸素

 の4つです。

コーヒー豆の理想の保存方法は

涼しく乾燥していて、暗いスペースに密封できる容器か袋に入れる

だそうです。

 

とにかく水分には気をつけましょう。

 

冷蔵庫などに入れて保存する場合には、

スポンサードリンク
 

絶対に密封した状態で入れること、

数日分ずつに分けて、必要な分だけ取り出すようにすることが大切です。

 

しっかりと密封して入れば、長期間の保存も可能になってきます。

 

可能ですが、賞味期限はやはり無限ではないので

できるだけ早めに飲みきってしまうことをお勧めいたします。

 

基本的には、焙煎してから1ヶ月以内に飲みきるのがお勧めです!

 

 

いかがだったでしょうか。

 

コーヒー豆を大量に買ってしまったのは良いが、

保存方法がわからず、ダメになってしまって

悲しい思いをしていた方は、

この保存方法をぜひ試してみてください。

 

絶対に味を落とさずに保存できる保証はありませんが、

保存方法によっては美味しくコーヒーを飲み続けることができます。

 

コーヒーが好きで、常にコーヒー豆をストックしておきたい方も

ぜひ参考にしてみてくださいね⭐︎

あわせて読みたい

コーヒー特集!
朝の一杯から、徹夜の追い込みのお供まで。 生活に息づくカフェイン飲料。 それがコーヒーです。 今回はコーヒーに関する記事を集めてみました! ぜひ読んでみてください! ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました