注目のドラフト候補は?今年の行方を大予想!!

未分類
スポンサーリンク
スポンサードリンク

投手豊作年といわれる

2019年プロ野球ドラフト会議。

 

注目のドラフト候補といえば、

夏の甲子園準優勝の

石川・星稜高、奥川恭伸投手や

神奈川・横浜高の及川雅貴投手、

甲子園出場はなりませんでしたが、

高校生で160km/hを投げる、

岩手・大船渡高の佐々木朗希投手。

 

登録は内野手ながら、

投手としても2019年センバツ高校野球では

決勝戦で完封し、自らも2ホームランを放ち優勝するなど、

投打で大活躍の愛知・東邦高、石川昴弥内野手。

高校生投手が話題の中、

即戦力として注目の明治大、森下暢仁投手など、

今年もドラフトの中心は投手になりそうですね。

 

プロ野球各球団、不足しているポジションの選手や、

主力がベテランで、そのポジションの後釜候補を

今年のドラフトで獲得して、育成したい。

 

など、思惑がそれぞれある中、

目当ての選手を獲得するための、

他球団の獲得選手予想や心理戦、

他球団と競合になってしまった時の、

くじ運上昇など、

 

ペナントレース終了前から、

あわただしくなってくるドラフト会議。

 

2019年はどのような展開になるのか、

とても楽しみです。

ドラフト会議の目玉は?!候補選手をまとめてみた!!

【奥川恭伸(星稜高)】

ご存知、2019年夏の甲子園決勝戦で惜しくも敗れましたが、

実力とポテンシャルの高さはピカイチの高校生、奥川投手。

 

最速158km/hのストレートと

130km/hのスライダーが武器の本格派。

 

夏の甲子園、強打の智辯和歌山打線を、

延長14回1失点23奪三振

仕留めたのは記憶に新しいですね。

 

11球団が1位指名候補に挙げています。

【佐々木朗希(大船渡高)】

最速163km/hのストレートを放つ「令和の怪物」。

 

公式記録では大谷翔平投手(ロサンゼルスエンゼルス)の持つ、

160km/hの高校記録に並んでいます。

 

190cmのたぐいまれな体格も武器に、

プロ野球界に乗り込む姿が早く見たい。

 

北海道日本ハムファイターズがすでに1位指名を明言していますね。

【森下暢仁(明治大)】

即戦力として期待の明治大、森下投手。

 

150km/hのストレートと、落差の大きなカーブ。

 

楽天の岸投手を彷彿とさせる、好投手ですね。

 

大分商高時代からプロ注目の選手でしたが、

プロ志望届を出さずに進学。

 

大学でさらにレベルアップし、

プロ野球でもすぐに通用するレベルに。

 

10球団が上位指名候補に挙げています。

【及川雅貴(横浜高)】

最速153km/hの左の本格派投手。

 

変化球も良く、大半がスライダーだが、右打者の内角に

食い込んでくるようなスライダーが非常に良い。

 

菊池雄星投手(シアトルマリナーズ)の次を担う存在だと

言われています。

 

6球団が上位指名候補に挙げています。

【西純矢(創志学園高)】

最速154km/hの回転数の高いストレートが武器。

 

変化球は130km/hのスライダーの質が特に良い

 

制球が安定しており、質の高い速球と、

ガッツあふれる投球が楽天の則本投手を彷彿とさせる。

 

7球団が上位指名候補に挙げています。

【石川昂弥(東邦高)】

2019年ドラフト唯一と言って良い、野手登録の

上位指名候補選手の石川内野手。

 

東邦高校では1年生時から4番を務めており、

2年生の時の夏の愛知県予選では、

決勝で愛工大名電に敗れたものの、

打率.737という驚異的な数字を残しています。

 

2019年センバツでは投手としても活躍し、

決勝戦では2ホームラン、

投げる方では完封勝利と、投打に活躍。

 

ただし、本職は三塁手で、

スポンサードリンク
 

打撃面ではプロでも即戦力と言われています。

 

2球団が上位指名候補に挙げています。

注目のドラフト候補を獲得する球団はどこ?!ドラフト会議予想!

各球団注目の1位指名は、

佐々木投手、奥川投手、森下投手

で占めるでしょう。

 

競合を避けたがる西武、

オリックス以外の球団は迷わず、

この3投手の誰かを指名してくると思います。

 

外れ1位指名では、球団事情にもよりますが、

どうしても投手を獲得したい球団は、西投手、及川投手。

 

将来の四番候補を獲得したい球団は、

石川選手の指名で決まりですね。

 

巨人、広島、横浜DeNA、中日、

ヤクルト、ロッテ、楽天、日本ハム

先発投手が欲しいため、

2位以降も投手を指名してくると考えます。

 

阪神、ソフトバンク、は野手の主力にベテランがいるため、

将来の後釜候補を育成したいので、

2位以降は野手を指名してくるのではないでしょうか。

まとめ

2019年ドラフト注目選手や指名予想についてまとめました。

 

各球団、サプライズ指名もあり得ますので、

ドラフトの当日が楽しみですね。

 

同じ選手を指名して、競合になった時のくじ引きも、

ドラフトの醍醐味のひとつです。

 

この記事を参考に、自分でもドラフト予想をして、

当日の指名状況と照らし合わせてみるのも、

楽しみ方のひとつですね。

 

2019年のドラフト会議は10月17日(木)です。

 

未来のスターたちの指名の瞬間を、

目の当たりにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました