洗面台の頑固な黄ばみはクエン酸だけじゃ落ちない!?本当に落とすマル秘テク

お掃除
スポンサードリンク

毎日使う洗面所は、清潔感をもって気持ちよく使うためにも、

奇麗にしておきたいものですよね。

 

ところが、日々掃除をまめにしていても、洗面台に黄ばみが…

洗面台の黄ばみって、できてしまうとなかなか落ちないんですよね…

 

黄ばみを落とす方法として、よくクエン酸の使用が紹介されます。

 

クエン酸は食品添加物ですから、確かに安心して使えて便利です。

でも、洗浄力は弱いため、黄ばみを完全に落とすのは難しいです。

 

ここでは、クエン酸以外に手軽ですぐ手に入るものを使って、

洗面台の黄ばみを落とす裏ワザを紹介します。

洗面台の黄ばみを綺麗に落とす?簡単にピカピカにする方法

そもそも、洗面台の黄ばみの原因とは、何なのでしょうか。

それは、私達の皮脂汚れ、石鹸カス、水道水に含まれるミネラルなどです。

 

クエン酸は、石鹸カスや水垢を落とすためには効果的なのですが、

それ以外の汚れを取るのは難しいのです。

 

そこで、クエン酸以外におすすめしたい方法を2つ紹介します。

重曹

水200mlに対して、小さじ1杯を溶かして、スプレーボトルに入れるだけ。

これを、汚れている部分にスプレーします。

できれば、汚れている分にティッシュペーパーを敷き、

その上からスプレーして、30分~1時間程度放置します。

その後、さっと水洗いすれば、奇麗に汚れが落ちますよ!

 

頑固な汚れには、重曹ペーストがより効果的です。

作り方は、重曹と水を3:1の割合でよく混ぜ合わせます。

ペースト状になりますので、これを汚れの部分に塗布します。

メラミンスポンジ

「激落ちくん」の商品名でおなじみの、メラミンスポンジ。

お掃除アイテムの定番で、100均でも販売されています。

 

メラミンスポンジは、無数の細かな発砲素材(メラミン樹脂)でできており、

これが汚れを削りとってくれるのです。

 

水を含ませて汚れの部分をこするだけでOK!

洗剤は不要なので、環境にもやさしいのも魅力です。

 

ただし、あまり強くこすらないように注意しましょう。

洗面台の表面に傷がついてしまいます。

洗面台は黄ばみをおとすだけじゃ意味なし!手軽にできる予防法!

洗面台に黄ばみができてから慌てて落とそうとするのは、一苦労します。

黄ばみができないように予防するには、どのようにすればいいでしょうか。

 

やはりなんといっても、毎日こまめに掃除することが基本です。

見た目には黄ばみがないと思っても、油断すると黄ばみが生じます。

 

洗面台を使った後は、汚れを洗い流しておけばいいと考えがちです。

確かに、皮脂汚れや石鹸カスなどは、これで残らないでしょう。

しかし、水分(水滴)が洗面台の表面に残っていると、

水に含まれているミネラルによって、黄ばみの原因になります。

 

そこでおススメなのが、「マイクロファイバータオル」です。

マイクロファイバータオルは、普通のタオルの3倍以上の吸水力があり、

残った水分を完全に拭き取ることが可能です。

これによって、ミネラルによる黄ばみを予防することができます。

まとめ

洗面台は、毎日使うものですから、清潔にしておきたいものですよね。

そのためには、日頃のお手入れが重要です。

汚れて黄ばんでしまってからでは、それを落とすのも大変です。

面倒でも、こまめに掃除するように心掛けることが大切です。

ピカピカの洗面台で、気持ちよく1日をスタートしましょう!

あわせて読みたい

https://kazukunn2.com/669.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました