針供養って何のこと?大阪という地域から見る供養の方法と風習とは?

季節
スポンサードリンク

皆さんは、「針供養」をご存知ですか?

初めて聞いた方もおられるのではないでしょうか。

 

あまり馴染みがないので、「針供養」って聞いても

ピンとこないかもしれません。

 

そんな方のために「針供養」について、詳しくご紹介します。

初めて見る人けっこういます!針供養の一風変わった供養のやり方は!?

そもそも、「針供養」とはなんなのか?

 

折れたり、曲がったり、錆びたりして

使えなくなった針を供養して、神社に納める行事のことです。

 

針供養が行われる日は、

12月8日と2月8日。

 

以前は、関西は12月8日、関東は2月8日にしていたようですが、

現在は、関西と関東の月日の境界線はないようです。

 

大阪では、大阪天満宮が有名で

たくさんの参列者が針供養のため、神社を訪れているようです。

 

あまり馴染みのない行事ですが、

服飾に携わる方、和装・洋装を学ばれている方、アパレル関係、お医者さんなどには、

とても大切にされている行事なんです。

 

供養の仕方は地域によって、異なりますが、

一般的には、今までたくさんかたい生地に突き刺された針に

最後は柔らかいところで休んでもらいたいということから

豆腐やこんにゃくを使うところが多いです。

 

豆腐やこんにゃくは、神社が用意してくれるのが、

一般的なので、供養したい針だけ持っていくと良いでしょう。

 

針供養は神社でなくても、自宅でもできます。

 

自宅でする場合は、豆腐かこんにゃく・半紙を用意し、

豆腐やこんにゃくに針を刺し、今まで頑張ってくれた針をねぎらい、

感謝の気持ちをお祈りして、針を抜きます。

 

そのあと、半紙に豆腐かこんにゃくを包み、

ごみとして捨てます。

 

抜いた針は、ごみ処理方法に従って、処分してください。

 

昔は、土に埋めていたようですが、

現代は、プラスチックのついたまち針などがあるので

土に埋めるのはなかなか難しいようです。

どこでしている?!関東・関西・九州で針供養を行う神社はここ!!

【浅草寺】

浅草寺では、毎年2月8日に針供養会(はりくようえ)が行われる。

豆腐に針を刺して、供養する。

【大阪天満宮】

大阪天満宮では、2月8日に針供養が行われる。

 

お社の左手にこんにゃくが置かれており、

そこに針を刺して、供養する。

【淡島神社】

淡島神社は、毎年2月8日に針供養が行われる。

針供養の神社として有名。

参拝者にぜんざいの無料接待も行っている。

まとめ

針供養について、ご紹介しました。

 

今まで頑張ってくれた針に対して、

感謝し、労をねぎらい、

ものを大切にする素晴らしい行事ですよね。

 

今まで供養したことがない方も

この機会に大切な針を、供養してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

https://kazukunn2.com/862.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました