布団干しの頻度はどのくらい?乾燥機やクリーナーの効果は?

布団・ベッド
スポンサードリンク

しっかり干したあとの布団で寝る。

本当に気持ちいいですね。

 

日光がたっぷり当たった、ふかふか布団。

いつもよりぐっすり眠れて、いい睡眠が取れた感じがします。

 

寝ごこちだけでなく、清潔面でも大切な布団干しですが、

みんなどのくらいの頻度でやっているのでしょうか?

 

あるアンケートの調査結果では、週1回がトップ。

 

でも、家庭によっては週1回でも難しい、

そんな声も…

土日休みの共働き世帯などはそうですね。

 

土日いつも天気とは限らないし…。

 

しなくてはいけない用事もある。

 

それじゃ、どうする?

 

湿った感じの布団なんて最悪、考えただけでも気持ちが悪い…、

となると…。

 

ここは布団乾燥機や布団クリーナーの出番です。

布団を干す頻度の理想はなんと毎日!現実は…乾燥機とクリーナーどちらがいいの!?

「布団干しは週に1回」が、一般家庭のスタンダードのようです。

でも、本当は毎日干すことが理想。

 

体への密着度が高く、毎日使う布団ですから、

汚れやゴミ、ダニ、ハウスダストなどがたくさん付着します。

 

毎日干して清潔を維持したいのですが、

それはなかなかできません。

 

それなら、こんな方法はどうでしょうか。

 

週1回は布団を干すこと。

 

そして干せない日は布団乾燥機や布団クリーナーを使用する。

 

自然と人工の力で布団をいつも清潔にという寸法ですね。

 

それでは、布団乾燥機と布団クリーナー、

どちらを選ぶべきでしょうか?

 

二つの商品を比べてみましょう。

 

まずは、布団乾燥機。

 

こちらはダニやカビ対策に有効です。

 

乾燥と温めによって布団を清潔にしてくれ、

ダニが繁殖しづらい環境を作ります。

続いては、布団クリーナー。

 

布団クリーナーは文字通り布団の掃除機。

 

ダニのふん、死がいなど汚れを吸い込みます。

 

そして布団を干すことができない花粉の時期や、

梅雨の季節にもピッタリです。

両者は似て非なるもの

欲を言えば両方揃えておきたいですね

布団クリーナーの効果を検証!ダニやカビに効果あり!?

布団はダニが好む住処。

 

実は布団にはダニのふん、死がいがたくさんあります。

清潔に留意していないとカビも生えてきます。

 

これが、アレルギーを引き起こす原因であるアレルゲン。

 

布団干しを頻繁にしておけば、かなり除去できるのですが、

実際、布団干しは週1回がやっと。

 

頻繁にはできませんね。

 

じゃあ、布団乾燥機を頻繁に使えば大丈夫?

 

ことはそう簡単ではありません。

 

確かに布団乾燥機で布団を乾燥させ温めれば、

ダニが繁殖しにくい、カビが生えにくい環境が作れます。

 

でも、アレルゲンの、ダニのふんや死がいなどは

布団から取りさることはできないのです。

 

しかし、布団専用の掃除機布団クリーナーならOK。

 

ふん、死がい、カビなど布団の奥にあるものを叩きだし、

それを吸い込んできれいにしてくれます。

 

ダニやカビなどアレルゲンが少ない環境づくりには、

布団クリーナーはかかせないアイテムです。

できれば布団乾燥機と布団クリーナーダブルで揃えたい!

布団干しの意味は誰でも知っていることですね。

できれば毎日、だめでも週1回は必ずしたい。

 

それはわかっていても共働き家庭などは

なかなかできないのが現実です。

 

しかしながら時間がないから、干さないでいると…。

ダニやカビ、ハウスダストなどアレルゲンがいっぱいの、

言わば、巣窟のような状態に!

 

これは、大変!

 

布団乾燥機か布団クリーナーを買って対処したい。

これは半分正解です。

 

何故って?

布団乾燥機と布団クリーナーは役目が違います。

 

お互い補完しながら布団をいつも清潔な良い

状態にしてくれます。

 

布団を乾燥させ温めることで、ダニやカビの

発生を抑える布団乾燥機。

 

ダニのふんや死がい、カビなど汚れを吸いこむ

布団クリーナー。

 

布団乾燥機と布団クリーナーをダブルで揃えれば

鬼に金棒!

 

週1回以上布団干しができるご家庭にも

おすすめです。

あわせて読みたい

https://kazukunn2.com/370.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました