針供養って何?東京と名古屋の針供養の方法の違いがあるのか徹底リサーチ!

季節
スポンサーリンク
スポンサードリンク

針供養」って、なかなか聞き馴染みのない言葉ですよね。

 

「針供養」とは、折れたり、錆びたり

使えなくなった針を

労い、感謝の気持ちを伝え、供養する行事です。

 

一般的に豆腐かこんにゃくを使うのですが、

地域によって、使うものや、日にちなどの違いはあるのでしょうか?

 

東京と名古屋の供養の違いはあるのか

調べてみました。

針供養では豆腐かこんにゃくが使われる!使われる理由とそのルーツは?

針供養では、折れたり、錆びたり、

使えなくなった針を

豆腐やこんにゃくに刺して、労いや感謝の気持ちをお祈りします。

 

なぜ、豆腐やこんにゃくに刺すのか?

 

それは、今までかたい生地などを縫って、

頑張ってくれた針を最後くらいは柔らかいところで

休ませてあげたいということから

豆腐やこんにゃくが使われているようです。

 

他にも柔らかいものはあるのに

なぜ豆腐やこんにゃくなったのでしょうか?

 

気になりますよね。

 

豆腐のように色白になれる」とか「マメに働くことが大切だから」という

意味があるという説もあります。

 

こんにゃくが使われるのは、豆腐のように柔らかいからということのようです。

 

どちらを使うにしても、針を大切にする気持ちから

豆腐やこんにゃくと使うようになったのですね。

結論:針供養に地域での違いは無し!

東京と名古屋でどういった違いがあるのかを調べた結果、

神社によって

針供養に使うのが、豆腐かこんにゃくの違いだったり、

12月8日にするのか2月8日にするのかの違いで、

 

供養したい針を持っていき、豆腐やこんにゃくに刺して

感謝の気持ちをお祈りするという流れは同じでした。

 

少し違いがあるとすれば、

ぜんざいをふるまったり、

豆腐を売っていたりするところもあるので

神社ごとにそういったイベントをしているかどうかの違いですね。

スポンサードリンク
 

まとめ

今回は、東京と名古屋の針供養の違いについて、調べました。

 

以前は、関東と関西で供養をする日が違ったり

していたようですが、

現在は、そういった違いはなくなっているようです。

 

どの神社も供養の流れは同じで、

違うのは、使うものや日にち、

あとは、神社によってイベントがあるのかどうかの違いです。

 

物や道具を大切にする日本ならではの行事、

これからも続いていってほしいなと思いました。

 

今まで頑張って活躍してくれた針を

労い、感謝の気持ちをお祈りする大事な行事です。

 

これまで、馴染みがなく行ったことがないという人も

この機会に使えなくなった針を持って、

参加してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

冬の記事特集!
冬の料理の定番お鍋の情報から、 季節ならではの行事まで 冬に関する記事をまとめました! ...

コメント

  1. […] 針供養って何?東京と名古屋の針供養の方法の違いがあるのか徹底リサーチ!「針供養」って、なかなか聞き馴染みのない言葉ですよね。 「針供養」とは、折れたり、錆びたり 使えな […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました