季節を表す「冬至」って何?冬至とかぼちゃの意外な関係とは?

季節
スポンサードリンク

冬至にかぼちゃを食べると聞いたことありますか?

 

「冬至」とはなんでしょう?

 

太陽が冬至点、赤道から最も南へ離れた位置を通過する時

 

毎年12月22日ごろが冬至です。

 

北半球では太陽が一年で一番低く、一年中で昼が最も短く、夜が長くなる、

夏至の対の日と言われています。

 

2019年も冬至は12月22日です。

では、なぜ冬至にかぼちゃを食べるのでしょうか?

 

冬至とかぼちゃの関係について

ご説明していきます。

冬至の日にかぼちゃを食べるのはなぜ?その理由と意味を徹底解説!!

皆さんは、かぼちゃが夏野菜だとご存知でしたか?

 

本来、夏野菜のかぼちゃが、なぜ冬至に食べられるのか

それは、かぼちゃが保存のきく野菜

昔は今のように食料がたくさんあったわけではないので

夏に採れたかぼちゃを保存して、食べていたそうです。

 

そして、かぼちゃは採ってすぐ食べるよりも

少し寝かせる方が栄養価が高くなります。

 

かぼちゃには、

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄分

が、バランスよく含まれています。

 

なので、冬に栄養価が高くなったかぼちゃを食べると

風邪予防になり、長生きできるという言い伝えから

 

冬至にかぼちゃを食べると、風邪をひかない

といわれるようになったようです。

 

そして、冬至には「ん」のつく食べ物を食べると、

無病息災、出世ができると言われています。

 

ぎんなんきんかんれんこん、そしてなんきん(かぼちゃ)など。

そういう理由からも、冬至にかぼちゃが

食べられるようになったんですね。

冬至はいつある?2018年と2019年を例に解説!

上記にも書いていますが、

冬至は、北半球では一年中で昼が最も短くなる

12月22日ごろです。

 

調べてみたところ、

2018年12月22日で、2019年12月22日

ずれはなく、同じ日にちでした。

 

ちなみに、2017年も12月22日で同じでした。

 

ここ何十年も、冬至は12月22日か12月21日になっています。

 

ほとんどずれがないので、覚えやすいですね。

太陽暦って、こんなに正確なんですね。

まとめ

冬至とかぼちゃの関係について

ご紹介いたしました。

 

冬によく食べられているかぼちゃが

実は、夏野菜だったっていうことにもビックリですよね。

 

そして、寝かせることで

栄養価が高くなるのも驚きです。

 

昔の人は栄養など詳しいことは知らなかったかもしれませんが、

この知恵が今もなお、伝え続けられ、

そして現代でその裏付けが取れていることに

感動しました。

 

たくさんの栄養がつまったかぼちゃを食べて

元気に冬を乗り越えましょう。

あわせて読みたい

https://kazukunn2.com/862.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました