冬至にかぼちゃを食べるのはなぜ?【冬至の由来と意味】

季節
スポンサーリンク
スポンサードリンク

日本には、夏至・冬至という風習があるのを皆さんご存知でしょうか?

言葉は知っていても、実際どのような風習なのか

あまりよくわからない方も多いかと思います。

昔の人たちは、このような風習をかなり意識していましたが、

最近ではその風習を特に意識しない人も増えてきました。

 

今回は、冬も近づいてきたので

冬至についてみなさんにご紹介いたします。

2019年の冬至はいつ?かぼちゃを食べる意味はあるの?

まず、冬至とはなんなのでしょうか?

 

冬至とは、二十四節気の第22です。

簡単に言うと、北半球でこの日が一年のうちで一番、

昼間の時間が短いと言うことです。

 

2019年の冬至は、12月22日の日曜日です。

この日は昼間が少し短く感じるのではないでしょうか?

 

冬至の日に食べるものといえば、やはり

かぼちゃ」ですよね。

かぼちゃを食べることに何か意味があるのでしょうか。

 

実は、かぼちゃを食べることには、

風邪の予防」と言う意味があるんです!

 

おそらく、冬至だからかぼちゃを食べる、となんとなくで

食べていた方もいらっしゃいますよね。

 

しかし、かぼちゃは実は栄養価が高く、

風邪の予防にぴったりの野菜なのです。

 

かぼちゃは、ビタミンやカロチンを多く含む野菜です。

かぼちゃに含まれるビタミンAは、

動脈硬化などの生活習慣病の予防や、皮膚や粘膜、

視力、骨や歯にも効果があると言われています。

 

なので、かぼちゃを食べるのには「風邪の予防」と言う意味があります。

冬至にかぼちゃを食べるようになった由来は?かぼちゃ以外にオススメの食べ物は?

冬至にかぼちゃを食べ始めた先人の考えとしては、

緑黄色野菜の少ない冬にカロチンやビタミンを多く含むかぼちゃを

食べることによって、風邪への抵抗力をつけようと言う

先人ならではの知恵だと言われています。

 

昔の日本では、冬至の頃になると秋野菜の収穫も終わって、

スポンサードリンク
 

食べられる野菜もほとんどなくなっていました。

そこで、元気に冬を越せるようにと願いを込めて、

栄養もあって保存も可能なかぼちゃを特別大事に食べていたようです。

 

確かに、冬になり、ビタミンなどの供給源が不足した時代のかぼちゃは

貴重なものだったに違いありません。

 

では、冬至に食べるものはかぼちゃだけなのでしょうか?

 

かぼちゃが特に大切にされていますが、

実は、冬至に「ん」がつく食べ物を食べると縁起がいいと言われています。

 

例えば、

なんきん(かぼちゃ)、れんこん、にんじん、ぎんなん、かんてん

などです。

 

いろはにほへとの最後の文字が「ん」で、初めの文字に戻るのは縁起がいい

されたことに由来して、冬至を衰運の終わりと考える「一陽来復」という考えにも通じるものがあります。

 

 

いかがだったでしょうか?

冬至とは、ただかぼちゃを食べて、柚子湯に入るだけではなかったんですね。

上記に記載した以外にも食べ物はたくさんあり、

地域ごとに違うものもありました。

ぜひ、自分の地域の冬至を調べてみてくださいね。

あわせて読みたい

冬の記事特集!
冬の料理の定番お鍋の情報から、 季節ならではの行事まで 冬に関する記事をまとめました! ...

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました