冬至はいつ?毎年変わる?2019年は?冬至の謎、解明します!!

季節
スポンサーリンク
スポンサードリンク

毎年、年末になるとスーパーやデパートで「冬至」という文字を見かけますよね。

 

冬至って何だろう?

聞いたことはあるけど、いつなんだろう?

何をする日なんだろう?

と、疑問に思うあなたに、冬至について解説いたします。

 

日本の昔ながらの習わし、冬至。

これを読めば、あなたも今年から大みそか、クリスマスより前に、

冬至で日本の年末を感じることが出来ます

冬至とかぼちゃは相思相愛?二つの意外な関係性とは?

さて、冬至とは何の日なんでしょう?

 

冬至は天文学的視点からいうと、太陽が赤道から、

最も南に離れてしまう日なんです。

 

要は、北半球では太陽の高さが一年で最も低くなり、

昼が一年中で一番短く、夜が一番長い日

夏至の反対ですね。

 

そんな冬至の日に何をするのかというと、

代表的な習わしは、かぼちゃを食べて、ゆず湯に入るという事。

 

なぜ、かぼちゃを食べて、ゆず湯に入るのでしょう?

それは、寒い冬にカゼをひいたり、病気にならないよう、

抵抗力をつけようという、昔の人の知恵です。

 

南瓜にはカロチンという物質が多く含まれています。

カロチンは体内でビタミンに変化します。

 

特にビタミンAは寒い時期に起こりやすい動脈硬化の予防や、

皮膚や粘膜の再生に効果があるといわれています。

 

さらに、かぼちゃは保存がすごくききます。

 

昔は、冬に入ると農作物の収穫も終わり、食べられる野菜も

どんどん減ってきてしまいます。

 

そんな時に、保存のきくかぼちゃでビタミン補給し、

冬を乗り越えたというわけです。

 

もちろん、昔はビタミンなど知られてもいなかったわけですから、

昔の人の知恵って本当に素晴らしいですよね。

 

ゆず湯は、寿命が長いゆずの木にならい、

ゆず湯に入って無病息災を祈るという意味があります。

 

さらに、温暖効果があるゆずを

お風呂に入れることによって、温まって冬を乗り越えよう

という習わしです。

ゆずもビタミン豊富ですし、昔の人って本当にすごい

知っていたらドヤ顔できる!?冬至にかぼちゃを食べる意味教えます!

スポンサードリンク
 

その他にも、冬至の習わしがあります。

それは「ん」のつく食べ物を食べると、幸運が得られるという言い伝え。

 

例えば、れんこん、にんじん、きんかん、ぎんなん、

そしてもちろん、なんきん(かぼちゃ)です。

 

これらを食べると病気にかからず、出世できるといわれています。

そしてよく見ると、これらの食べ物はおせち料理にも入っていますね。

これは、縁起が良さそう

ぜひ、食べておきたいですね。

まとめ

冬至の習わし、特にかぼちゃとの関係についてまとめました。

 

昔の人の知恵のすばらしさ、習わしの意味について、

改めて、すごいなと思う事ばかりでしたね。

 

これを読んで、あなたも今年から、

大みそか、クリスマスより前に年末を感じ、

冬至を大切に過ごすことが出来るかと思います

 

2019年の冬至は、12月22日です。

どうぞ、楽しく冬至をお過ごしください。

あわせて読みたい

冬の記事特集!
冬の料理の定番お鍋の情報から、 季節ならではの行事まで 冬に関する記事をまとめました! ...

コメント

  1. […] 冬至はいつ?毎年変わる?2019年は?冬至の謎、解明します!!毎年、年末になるとスーパーやデパートで「冬至」という文字を見かけますよね。 冬至って何だろう? 聞いたことはある […]

  2. […] …kazukunn2.com2019.09.15 冬至はいつ?毎年変わる?2019年は?冬至の謎、解明します!!毎年、年末… […]

タイトルとURLをコピーしました