スマホ決済の比較!知らなきゃ損!料金にこんなに差が出るの?

スマホ
スポンサードリンク

スマホ決済ってご存知ですね?

名前は知っているけど…よくわからない。

そんな方も多いと思います。

 

スマホ決済とは文字通り、スマホ使って支払いをすること。

手軽なキャッシュレスです。

 

お隣の中国や韓国ではスマホ決済が凄いスピードで普及し、

お財布を持たない人が増えているそうです。

 

2019年10月からは消費増税に伴い、

キャッシュレス決済に還元策が取り入れられました。

これに伴い、スマホ決済も各社が一気にキャンペーンを開始、

現在まさに花盛りと言えるでしょう。

 

さて、話題のスマホ決済。

もう少し詳しく話を進めていきましょう。

 

まずは、その仕組みから。

最初は決済を利用するシステムに必要なアプリを、

スマホにインストールします。

アプリを起動することで、スマホ決済が

スタートです。

 

ところで、スマホ決済には前払いと後払いの

2つがあります。

 

自分の銀行口座をアプリに反映させて、

チャージすることで支払う前払い。

後払いの場合は、クレジットカードを

紐づけてカードの支払いと一緒に

スマホ決済分も支払います。

 

なにやら面倒で難しそうですが、

実は意外や意外、

使い始めた人の感想は

手軽で簡単、とても便利という人が

とても多いんですよ。

 

現在10社以上のスマホ決済システムが

あります。

各社、使用することでたまるポイントの違い。

店舗で使った際の割引率

スマホ決済を始めるなら事前に

いろいろ検討することがお薦めです。

スマホの料金他社はいくらに?料金比較

そもそもスマホの料金が高いと思っている方も多いのではないでしょうか?

たまに使うのではなく、毎日使うものだから、

支払いを減らしたいと考えることは、

ごくごく自然なことですね。

 

そこで、気になるのは格安スマホ。

格安スマホというのは本体端末+格安SIMカードの組み合わせで成り立っています。

 

SIMカードとは何か。

ご存知の人も多いと思いますが、

一応簡単に説明しておきましょう。

 

電話番号等の情報が書き込まれたICカード

のことです。

大手3大キャリアは自社だけで使える

SIMカードを使っています。

このSIMカードを差し替えることで

格安スマホになるわけです。

 

でも、それだけで何故安くなるの?

格安SIMカードを扱う会社(MVNO事業者)

は大手キャリアのような莫大な

広告費がいりません。

ショップも殆どなし。

また、回線も自前ではなく

大手から借りるので身軽です。

こうした理由で安く使える

ようになるのです。

相当運営費用が軽減されるわけですね。

使い方で個人差がありますが

いまと殆ど同じことができて、

費用は半分。

ということもあり得ます。

 

格安スマホにするためには

基本的に格安SIMカードと端末を

用意します。

でも、いま使っている端末が

格安SIMカードが使えるタイプ

なら端末はいりませんね。

格安スマホを謳う会社は複数

あります。

テレビCMでもよく目にすると

思います。

こうした会社はショップがあるので

相談できますね。

また更に安い料金を求めるなら

ネット販売もあります。

こちらは手続き、設定等は

全て自分でやる必要があります。

サポートはありますので、

検討してもいいですね。

スマホの料金決済高くない?スマホ決済徹底比較!

この先、どんどんスマホ決済が普及して

くると予想されます。

現在10以上の決済サービスがありますが

ポイント還元率や特徴を掴むことは必須です。

徹底比較していきましょう。

 

まずは、ポイント還元率

各社さまざまですが、現状「PayPay 」が

高いようです。

 

つぎはキャンペーンの内容。お得に決済

するために利用していきます。

自分のためになるかが選択の判断の基準と

なるでしょう。

例えば過去にあった「楽天ペイ」ならば

「楽天カード」との連携で5%の還元が得られるとか。

お得なものを選びたいです。

 

やはり使える店の多さ、多様さ。

自分がよく行く店が使えないのでは

仕方がありません。

そこは確認です。

 

まだ電子マネーと対応できているか?

「ApplePay」「GooglePay」はいろんな

電子マネーに対応しています。

 

4番目としては自分の銀行口座や

クレジットカードとの対応。

お金のチャージや支払いは、自分の銀行口座

クレジットカードがなくてはできません。

ここはしっかり確認しておかないと

アプリを使うことができないので、

要チェックです。

 

5番目になりますが、

支払いをスムーズできること。

時間がかかったり、バグなどのトラブル、

こうしたことが多くてはスマホ決済を

使う理由はありません。

もとより利便性がスマホ決済の

存在理由ですので。

 

最後に、どのサービスを利用するべきか?

参考となる還元率を紹介しておきましょう。

1. PayPay 最大3%
2. LinePay 0.5~2%
3. メルペイ 還元なし
4. 楽天ペイ 0.5%
5. au pay 0.5~1.5%
6. d払い ネット1%実店舗0.5%
7. ファミペイ 0.5%
8. OrigamiPay 3%(9/30まで)
9. ApplePay還元なし
10. Google Pay還元なし
11. ゆうちょPay 還元なし
12. セブンペイ 0.5%
13. primg還元なし

以上です。

 

2019年10月の消費税増税に伴うキャッシュレス促進化制作により、

各社の還元率は一時的に上昇していますが、

今後も使い続けることを考えると、

もともとの還元率を知っておき、

政策終了後の還元率を考慮して選ぶことが重要となります。

 

いろいろなサービス内容を比較し

自分に一番合うものを選びたい

ものですね。

スマホ決済は大いに検討する価値あり

最近急に名前があちこちで聞くようになったスマホ決済。

 

テレビCMでも目にすることが多くなったと思いませんか?

 

外国ではかなり広がってきている

スマホ決済。

 

日本でも当たり前になってくる予感がありますね。

 

特に、多くの外国人が訪れる2020年東京オリンピック、

パラリンピックの開催を境に顕著になっていくでしょう。

 

調べてみると還元があったり得するキャンペーンがあったり、

ポイントもたまる。

 

これからスマホの普通の機能としてスマホ決済が普及していく可能性は、

大いにありますね。

あわせて読みたい

https://kazukunn2.com/635.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました