クリスマスローズの育て方!【日当たり・水やり・肥料・株分け・植え替え】

季節
スポンサードリンク

クリスマスローズという植物をご存知でしょうか?

クリスマスの時期に花が咲くので、クリスマスローズという名前なんです。

初心者でも育てやすいと、人気が出てきています。

そんな人気のクリスマスローズの育て方をご紹介いたします。

 

そもそも、クリスマスローズは、日本での呼び名で

主にガーデン・ハイブリッドやヘレボルス、ニゲルを指します。

 

クリスマスローズには、「有茎種」と「無茎種」があります。

根から茎が立ち上がり、葉がつき、茎の頭に花が咲くのが、「有茎種」

根や茎が細いのが特徴です。

 

一方、根から茎柄と花柄が別々に出てくるのが、「無茎種」

根や茎が太く、丈夫なのが特徴です。

 

クリスマスローズは、根に毒を持っているので、注意しましょう。

クリスマスローズは株分けで増やす!鉢の選び方と置き場所!

芽が出にくくなってきたら、それは植え替えの合図。

クリスマスローズは、挿し木はできないので、株分けをします。

 

植え替えや株分けをする時期は、だいたい3年に一度。

9月~11月頃が良いでしょう。

 

ですが、日本の寒冷地では、生育期を避け、3月~4月にします。

 

植え替えや株分けは、必ず新しい土を使いましょう。

クリスマスローズ用の土が売っていますので

そちらを使うと簡単にできますよ。

 

ご自身で土を配合する場合は、水はけがよくなるように

腐葉土、赤玉土、鹿沼土、軽石などを混ぜて作ってみてください。

その際、緩効性肥料を混ぜておきましょう。

【株分けの手順】

① 植え付け用の新しい土を用意します。
一度使った土は使えないので、必ず新しいものを用意してください。
根をほぐしながら、水でしっかりと古い土を落としましょう。
鉢植えの場合は、鉢の底をたたいたり、割りばしで少しずつほぐすようにして
クリスマスローズの根鉢を取り出します。

② クリスマスローズをはさみやナイフで4~5芽ずつ分けます。
多少、根が切れても大丈夫ですが、根が乾燥しないように注意しましょう。

③ 切ったクリスマスローズの根をよく水で洗って、新しい鉢に植え替えて、完了です。

 

有茎種は、根が少なく茎も細いため、芽を3つ以上つけて

株分けしてくださいね。

 

クリスマスローズは、寒さに強く、育てやすい多年草です。

日当たりが良すぎると、乾燥してしまい、

葉が傷んでしまったり、枯れてしまったりするので

半日陰がベストとなります。

 

寒さには強いのですが、霜は苦手なので

霜にならないように気をつけましょう。

 

日差しの和らぐ春・秋は、日の当たるところに。

日差しが強い夏場は、日陰。

冬は、霜にならないようなところを選んで、

季節ごとに置き場所を変えてあげるのも

クリスマスローズを、上手に育てるポイントです。

クリスマスローズの開花期は秋から春!夏の間の管理と水・肥料の与え方!

水やりについて気をつけたいことを見ていきましょう。

 

クリスマスローズは、夏に休眠期を迎えます。

 

ですので、水はそこまで必要ではないのですが、

夏は虫がつきやすくなるので、水やりの時に

葉の裏に水をかけて、虫を洗い流してください。

 

涼しくなってくる秋から、生育期に入ります。

秋は、土が乾いたら水をあげましょう。

 

そして、冬に水をあげる場合は、必ず午前中に行いましょう。

 

上記でもご説明しましたが、クリスマスローズは、霜が苦手です。

 

午後にあげてしまうと、土に残っている水分が

夜から朝にかけての冷えてしまい、霜の原因になってしまいます。

 

肥料は、生育期である秋から春にかけて、

液肥を7~10日に1回のペースで、定期的にあげるようにしましょう。

 

休眠期である夏にあげると、株を傷めてしまう恐れがあるので

与えてはいけません。

まとめ

クリスマスローズの育て方について、ご紹介いたしました。

 

初心者でも育てやすく、長い期間楽しめるお花ですね。

 

ただ根に毒があるので、

そこは十分、注意してくださいね。

 

お花のある暮らしを楽しみましょう。

あわせて読みたい

https://kazukunn2.com/862.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました