たくさんもらった千歳飴! 飽きずにおいしく食べられるリメイク術をご紹介します!

季節
スポンサードリンク

おじいちゃんおばあちゃん、

写真館から頂いたり、子供が残したり、

千歳飴が大量に余ることありませんか?

 

七五三が終わると千歳飴だらけになることが多いですよね。

子供はとても飽きやすいので、

少し食べただけで捨ててしまうこともありますよね。

 

今回は、余ってしまい使い道に困っているご両親に向けて、

千歳飴を簡単リメイクする方法をご紹介します。

リメイクでも、大事にしたい千歳飴の由来とは?

江戸時代に浅草寺で売り出されたことが諸説ある中で、

もっとも有名な千歳飴の由来とされています。

 

当時、子供は7歳までは神様の子と言われていました。

その7歳まで生きたことを感謝する祈願のことが、

七五三の由来だそうです。

 

そして7歳以降は人の子として、

千歳ぐらいまで長生きできますようにと願いを込められたのが、

千歳飴の名前の由来だそうです。

 

結果的に七五三の際に縁起物として、

千歳飴が用いられることが広がっていきました。

これって本当に千歳飴!? おいしくてかわいいリメイク例!

ここでは千歳飴を家にある材料と合わせることで、

普段作る料理に簡単にアクセントとして使ったり、

別のデザートへリメイクする方法をご紹介します♪

<誰でも簡単ミルクプリン>

千歳飴で作るミルクプリンは、

非常に簡単で子供たちにも人気が高いです。

 

ミルクプリン以外にも様々なフレーバーでも楽しめるので、

是非アレンジにもチャレンジしてみてください。

プリンの上にイチゴやメロンなどのフルーツを添える

おしゃれなアレンジになってお勧めです。

 

<材料>

・千歳飴 60g

・牛乳 300ml

・ゼラチン 5g

 

① 千歳飴と牛乳を弱火で混ぜ合わせる

② 溶かしきったら、ゼラチンを混ぜる

③ お好みのカップに注ぎ、冷蔵庫で冷やしたら完成

<鶏の照り焼き>

実は鶏の照り焼きにもアクセントとして、

いれると非常に甘みがでて美味しいです。

 

ミルキー味はもちろん、チョコレート味でも

コクがでてきて絶妙にマッチします。

 

<材料>

・千歳飴 20~30g

・鶏もも肉 400g

・みりん 大さじ1

・酒 おおさじ1

・醤油 おおさじ2

・水 50cc

 

① 鶏肉をお好みのサイズに切る

② 鶏肉を焼き、両面がしっかり焼けたら一度お皿に取る

③ みりん、酒、醤油と千歳飴を煮る

④ 混ざり切ったら鶏肉を戻して煮込んで完成

まとめ

今回ご紹介したレシピ以外にも、

千歳飴には沢山の使い道があります。

 

基本的に千歳飴は砂糖を固めたようなものなので、

砂糖を使用する料理に使うと間違いがありませんね。

 

千歳飴の賞味期限は大体一年ぐらいありますので、

保管をしっかりしていれば長期間使用できます。

 

ただし、一般的な千歳飴の賞味期限であり、

必ず期間を確認してください。

 

千歳飴は煮物やお菓子作りに役立てるので

是非自分流のアレンジを見つけてみてください。

あわせて読みたい

https://kazukunn2.com/435.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました